• ホーム
  • タケダの胃腸薬と胸焼けについて

タケダの胃腸薬と胸焼けについて

人が生活する中で、食物を摂取します。
その中で、食べ合わせや周囲の環境により体内環境が変化していきます。

食事をいつも通り摂取したつもりでも、ストレスにより胃酸が過剰に分泌されたりします。
それにより、胃の壁に負担が掛かり、胃の粘膜が悲鳴を上げ身体に影響が出て来たリもします。
この症状が一般的に胸焼けと言われる物です。

胸焼けは、通常より胃酸が多く分泌される事により、必要以上に胃に負荷がかかります。
対策を講じないと、胃酸が強酸であるために、胃に穴が開いたり、胃潰瘍が出来て長期的に胸焼けに悩まされる様になったりします。

そこで、タケダの胃腸薬が役に立ちます。
タケダは長年に渡り、胃腸薬を開発、製造してきました。
結果、生薬配合で人体に影響の少ない胃腸薬を多く製造しています。

その中でも、漢方処方「安中散」の製剤で、神経性胃炎にすぐれた効果を表したり、弱った胃のはたらきを高め、慢性胃炎、胃腸虚弱に良い効果をもたらす事ができる「タケダ漢方胃腸薬A」が代表例と言えます。
この薬は、普段から胃腸の弱い人に、好適な胃腸薬であり、薬自体にも仄かな香りが付いているので飲み易い薬になっています。
体力がいつもより無く、食べ物が喉を通らない、胃のムカつき、吐き気等が襲ってくるといった症状の時に、錠剤自体に香りの付いている薬は飲み易く且つ体が受付け易くなります。

胸焼けとは言え、長期に渡るとそれ自体がストレスを伴います。
また、一旦は収まったとしても周囲の環境等が変わらない限り、繰り返し再発がありえます。
そんな時に、漢方を用いて作られているタケダの胃腸薬があると、身体に負担を過剰にかける事無く、胸焼けやそれに付随するムカつき等の症状も和らげる事が可能になります。